Home | About |AccessContact Us 
a-LINKホームページ 会社概要 事業概要 地図 採用情報 エーリンクグループ  
会社概要 会社倫理 企業指針 代表者略歴

a-LINKグループ代表 安達 宗郎

私は36年に及ぶキヤノン勤務の中で、同社ではまだモノ作りの主役がメカ/電気技術だった時代から、一貫してソフトウエア技術の重要性を訴え、ソフトウエア開発体制の確立を目指して参りました。

そして21世紀を迎えた今、ITの大革新と広がりにより、まさに迎えている大変化は"大競争時代" "グローバリゼーション"という言葉で表現できるものと考えております。

私は、今までの経験とノウハウで、より多くの日本企業の発展、そして日本という国の発展に貢献したいという思いから、『a-LINK』そして『i-BRIDGE』を設立いたしました。

■ a-LINKは ―

日本企業の開発部門が、世界のスピードに先んじることの出来る開発体制を構築すべく「協業、連携」を戦略の核として、メーカー的な視点で一括請負の可能な受託開発企業を目指し、設立しました。

a-LINKの"a"は、『Alliance(アライアンス)』『Aggressive(積極的)』『Agile(機敏)』を意味します。

a-LINKの"a"は、単なる受託開発から『アライアンス的開発関係』を目指し、お客様と一体となり、お客様のゴールを共有し、世界に差別化する『機能・性能』『品質』を創り上げるべく、『Aggressive』かつ『Agile』に開発の一役を担える技術集団になるべく常に精進して参ります。

■ i-BRIDGEは ―

日本企業が、海外企業に負けないコスト力、開発リソースを備えていくべく、今までの経験・ノウハウをもとに海外オフショア開発の体制構築を支援することを目的に設立いたしました。

日本では、企業が世界に対する競争力を備えるべく、優秀な技術者のリソース確保をすることが難しい時代となりました。これからは、技術者リソースの視点を日本から世界に向け、優秀な人材を確保できる企業が世界のなかで生き残れるものと思います。i-BRIDGEはそのような企業のオフショア開発を強力に先導、バックアップして参ります。

a-LINK グループ代表
安達 宗郎

 
 
 
 
 
  当サイト内容複製等の利用を一切禁止いたします。